じゃいにっき

主に育児に関することを記録しています。

【生後6ヶ月】よく読む絵本とそうでない絵本。

f:id:gyrase:20160530184431j:plain

 生後3ヶ月くらいから絵本の読み聞かせをしています。ぼーっとしてたり、本を食べようとしたり等、本人が楽しんでいるかは疑問ですが…。「赤ちゃん向けの絵本」の中でも、食いつきのいい絵本とそうでない絵本があることは確かです。

これまでに子供の食いつきがよかった本とそうでない本を紹介します。

1.食いつきがよかった絵本

鉄板
じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)

 

 

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

 

 「赤ちゃん向けのおすすめ絵本」としてよく挙げられる本です。カラフルでかわいい。

鉄板だけあって、いつ読んでも食いつきます。全ページが厚紙でできていて、子供がなめてもぐちゃぐちゃにならないところも頼もしいです。

「しましまぐるぐる」と同じシリーズの「あかあかくろくろ」も良い評判みたいですね。

いっしょにあそぼ あかあかくろくろ

いっしょにあそぼ あかあかくろくろ

 

 

シンプルさが売り
まるてん いろてん (0.1.2.えほん)

まるてん いろてん (0.1.2.えほん)

 

カラフルな丸い図形が載っているだけの絵本です。シンプルなんですけどうちの子供はおとなしくじーっと見つめていました。ふつうに読むと1~2分で読み終わっちゃうので、3回くらい繰り返し読んでました。

 

機嫌のよいときは食いつきよし
おいし~い (はじめてであうえほんシリーズ)

おいし~い (はじめてであうえほんシリーズ)

 

 

 

にーっこり (はじめてであうえほんシリーズ)

にーっこり (はじめてであうえほんシリーズ)

 

 かわいい赤ちゃんがごはんを食べたり、遊んでにっこりしたりするという大変かわいらしい絵本です。

子供の機嫌のよいときは上記のイラストのように声を出したりしますが、乗り気でないときは絵本の赤ちゃんのイラストをばしばし叩いたりページをくちゃくちゃに丸めたりします。鬼か。

 

2.食いつきが悪かった本

一応鉄板とのことなのですが
いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)

いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)

 

「赤ちゃんが笑う!」とのコメントがありますが、うちの子供はぴくりとも笑ってくれませんでした…。もっと月齢が進んでからなら笑うかも?

あと、出産祝いでいただくことが多くて我が家には数冊「いないいないばあ」があります…。プレゼントで絵本を考えている方は被らないようお気を付けください。

 

大人は楽しい
ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))

ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))

 

 

これもお祝いでいただきました。適度にデフォルメ、適度にリアルな生き物のイラストがたくさん載っていて大人の私は楽しいのですが子供は飽きてしまう模様。これももっと大きくなってからの方がよさそうです。

 

 シュールすぎたか
もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

 

 カラフルな図形がタイトル通り「もこもこもこ」と生えたり増えたり弾けたり何だりします。これも鉄板絵本とのことなのですが、うちの子供は表紙をかりかり触るだけであまり食いつきませんでした。シュールすぎる内容に付いていけなかったのかもしれません…。

 

我が家の一例ですが、出産祝いで絵本をプレゼントする際などに参考にしてみてください。